リストランテ アル・ファーロへ

一歩先を考えながら自分の腕を磨ける場

山川

中途採用/2018年入社

小さい頃から料理やお菓子作りが好きで、将来の夢はケーキ屋さん。その思いから高校卒業後は調理の専門学校へ。その後、新卒採用で入社したホテルにて、仕事としてお菓子を作ることの難しさとともにさまざまな技術を学ぶ。
アル・ファーロではドルチェ部門を担当。デザート類の仕込みや作成のほか、パンの焼き上げも行う。上司から指導を受けて技術の向上に日々取り組みながら、入社から2年が経ち、新作デザートの発案や発注などの業務もこなす。

エイ・ピー・シーへの入社を決めた理由は?

最初に就職したホテルでは主に宴会用の皿盛りやケーキの飾り付けをしていました。結婚式やディナーショーなどが多く、お客様はときに300名を超えることも。その量のお皿を提供するにはスピードが求められます。シェフの技術は素晴らしく勉強になったのですが、パティシエとしてのスキル向上にはあまり力を入れることができませんでした。
そんなとき上司がこのお店を紹介してくれたんです。レストランとしての規模は比較的大きいですが、ホテルよりも一皿一皿に集中して自分の技術をもっと磨けると思い、入社を決めました。

仕事をする上で大事にしていることは?

基本的にミスしないことを心がけています。仕事とプライベートもしっかり分けて、職場に来たら仕事モードでいるように。父親が厳しい家庭で育って、よく怒られもしたので、ミスしたくないという気持ちは一層強いかなと自分でも思っています。
また、上司が考えていることの先を読んで行動することも大事にしています。「次はこれをするからあれを用意しておけばすぐにできる」というようなことを常に考えて、上司に手間を取らせるのではなく、先回りして仕事をするようにしたいと考えています。

仲間とのコミュニケーションや職場の環境は?

朝と夕方に必ず、その日の予約数やアレルギー情報などを確認する時間があります。自分のセクション以外の方と接する機会も多く、公私にわたっていろんな相談ができる環境だと感じています。
ドルチェ部門は私を含めて3人ですが、上司の2人から多くのことを学ばせてもらっています。新しいデザートを発案しているときも私の意見を聞いてくださるなど、近い距離で関わりながら修練を積める場所です。

大変なことを乗り越える秘訣やリラックス方法は?

たとえばチョコレートのツヤ出しや口当たりをよくするテンパリングという温度調整など、技術面でまだ難しい作業はあります。そういう自分が苦手なものこそ積極的にチャレンジするという精神で手を出していくことが技術の向上につながると思います。それでできるようになったこともたくさんあり、自分の力になっていくことを実感しています。
私は歌うことが好きで、調理と音楽のどちらの専門学校に進むか悩んだくらい。仕事の疲れは、仲のいい同僚の方や友人とカラオケに行って、声を出すことでリフレッシュしていますね。また、ゆっくりお風呂に浸かったり、半年や一年に一回くらい温泉に行ったりもします。

やりがいや成長を感じることは?

何をしたらいいかわからずに右往左往しているよりも、忙しく動き回っている瞬間にやりがいを感じますね。今自分がパティシエとして仕事を進められているという充実感があります。また、私が仕込んだものを上司に「美味しいね」と言われたときは成長を感じます。
未熟な部分もまだまだあるので、上司から盗めるものは盗みたい。それができる環境に今あると思っています。同じドルチェでも、つくる人が変われば飾り付けも違ってきます。一人一人持っているスキルやセンスを近い距離で見て学びながら、パティシエとして胸を張っていけるように技術の向上を目指していきたいです。

山川さんから見たエイ・ピー・シーの魅力は?

人とのコミュニケーションが取りやすい職場で、自分の成長を実感することができます。休みもしっかり取れるので体調面や心のケアもできますし、そういった福利厚生が充実しているのは魅力だと思います。仕事もプライベートも大事にしながら生活していけるのは安心感がありますね。
働いている一人一人の距離感が近く、技術を盗んだり腕を磨いたりするための場が整っていて、調理やパティシエとしての技術を上げたい方にはとてもいい環境だと思います。

インタビュー
People

募集施設一覧