中国料理 桜華樓へ

料理が好きな自分で
いられる場

大沼

中途採用/2011年入社

調理製菓の専門学校時代、中華の授業を教わっていた先生の姿に憧れて中華を専攻。卒業後は、学生の時分から知っていた都内の大手ホテルに入社、地元北海道から上京する。
厨房でのポジションは板場。主に肉類や野菜の仕込み、オーダーが入った際の材料の準備などを行う。ひとまわり上の社員2人と日替わりで担当し、先輩と比べても遜色ない仕事をこなす。

エイ・ピー・シーへの入社を決めた理由は?

ホテル時代の同僚がこの桜華樓に転職をして、一緒に働かないかと誘われたんです。以前の職場は従業員の数が非常に多く、自分の個性を発揮しづらい環境でした。仕事が楽しくないと感じる日々を送っていたとき、「ここならいろんなことができるよ」と話を聞いて魅力を感じたのが決め手です。働く前に一度見学に来た際に活気のある雰囲気を感じたことも理由のひとつとなりました。

仕事をする上で大事にしていることは?

調理に携わる立場として美味しさを追求することが一番だと考えています。料理が美味しいと「また行こう」と思っていただけますし、そういう仕事をしている自覚を持ちながら日々の業務に励んでいます。
普段、街に出かけたりテレビで見かけて美味しそうだと思ったものは、写真に撮ったり調べたりしますね。オフのときも常にアンテナを張って料理の研鑽を心がけています。

仲間とのコミュニケーションや職場の環境は?

厨房には自分のいる板場、雑務をこなす打荷(だほ)、料理を仕上げる鍋、それに前菜や点心などの部門があります。お互いに壁がなく、何かあればすぐ相談して助け合える距離にいて仕事がしやすいですね。
厨房から客席は見えないのでホールとの連携も大事です。料理をつくるタイミングを教えてもらったり、反対に料理ができあがる時間を伝えたり、密にコミュニケーションを取れる環境があります。

大変なことを乗り越える秘訣やリラックス方法は?

このお店には中途採用で入られた方が多くいます。経験豊富な反面、個性も強いのでさまざまな意見が出てまとまらないことがあります。それはアドバイスを聞ける時間、技を吸収できる場でもあると捉えていますね。
子どもと一緒に過ごしている時間は仕事の疲れをリフレッシュできます。また、サッカー観戦が好きで、地元のチームが東京近郊で試合をするときに観に行くのは最高のリラックス法です。

やりがいや成長を感じることは?

以前の職場と違い、前菜や点心を手伝ったり、鍋で料理をつくらせてもらえたりと、持ち場を任されることが充実感につながっています。次のコースに使う食材についても意見を出し合える環境で、他の人の声も聞けるのは有意義な時間になっています。
自分は厨房で一番年下ですが、負けずに上の人に食らいついていきたいですね。普段の仕事から実践的に一つ一つ取り組んで歳の差を打ち破りたいと思っています。

大沼さんから見たエイ・ピー・シーの魅力は?

週休2日、夏季冬季休暇確保、残業の少なさなどの福利厚生面が魅力です。飲食業界ではなかなか整えづらい部分にも手が行き届いていて、働きやすい環境だと思います。
以前の職場は調理業務が少なく、料理が嫌いになりかけていたんです。そんな自分がここに来て、やっぱり料理は楽しいなと思わせてくれました。今も料理が好きでいられるのはこのお店のおかげですね。

インタビュー
People

募集施設一覧