中国料理 桜華樓へ

お客様にも仲間にも
目を行き届かせる

宮原

中途採用/2016年入社

観光専門学校ホテル科にてバーテンダーやサービスなどの技術を学び、人をもてなす飲食業界を志す。卒業後は結婚式場、会員制レストラン、社員食堂などさまざまな現場を経験。 桜華樓ではホールでの接客や、紹興酒をはじめとしたドリンクのご案内のほか、主任として他のスタッフの教育や管理を任されている。

エイ・ピー・シーへの入社を決めた理由は?

以前の職場の知り合いが桜華樓で副支配人をされていて、その方に「ここで働いてみないか?」と声をかけていただきました。店の第一印象はフカヒレなど非常に高価な食材を使っているということ。仕事内容の詳細を聞き、自分にとってやりがいがあると感じ入社を決めました。
学生時代から飲食のアルバイトをやっており、もともと人と接することが楽しいと考えていました。感謝の気持ちを伝えられたときの嬉しさは何ものにも代えがたく、ずっと接客業に携わっております。

仕事をする上で大事にしていることは?

日々同じ作業ばかりだと、どうしても気が緩むことがあります。できることを繰り返すのではなく、できないことを1日でも早く身につけられるように、特にアルバイトスタッフに対してチャレンジさせることを心がけています。
私自身、中華というジャンルはこのお店が初めてでした。最初は右も左もわからない中、仕事をしていくうちに料理のメニューや知識を覚えて成長してきたので、他のスタッフにもそうあってほしいと思っています。

仲間とのコミュニケーションや職場の環境は?

ホールのアルバイトスタッフは中国人留学生が多く、なるべく声をかけて明るい雰囲気をつくっています。繁忙期は個室や宴会場を任せることもあり、その際も1人にさせないよう常に目を配ってチームワークを強めています。
またコース料理ですので、調理や配膳のタイミングはお客様のペースを見て調整します。厨房とホールの間に立つ者がその指示を行い、作業がスムーズにいくよう連携を取っています。

大変なことを乗り越える秘訣やリラックス方法は?

商談や接待などにご利用いただく機会も多く、その場のかしこまった雰囲気の邪魔にならないようにすることが求められます。聞こえてくる会話に注意を払い、シーンを感じ取って、利用目的に合わせた雰囲気を壊さないことを大事にしています。
リラックス方法は、冬の雪山へスノーボードに行くことですね。他にも通っているレザークラフト教室で、いろんな業種の方と話しながらものづくりをしていると心が休まります。

やりがいや成長を感じることは?

お客様に笑顔で帰っていただく、常連の方に顔を覚えてもらって声をかけていただくことは、この仕事の一番のやりがいです。また、周りのスタッフが一から仕事を覚えて独り立ちしていく姿を見るのも嬉しいですね。
私自身も料理の知識の蓄積など、日々奮闘していきたいと思っております。今の時代はトレンドの移り変わりが激しく、情報のリサーチにも目を光らせたいです。店への導入や活用などを皆で検討する場を設けたいとも考えています。

宮原さんから見たエイ・ピー・シーの魅力は?

運営を任されている保養施設とレストランは計6施設あり、施設同士の横のつながりは魅力に感じます。また桜華樓では経験豊富なスタッフが多く、食に関して興味がある方は多様なサービスを自分のものにできるチャンスがある職場だと思います。
私は以前、自分で店を開こうと準備していたことがありました。その頃に副支配人からお誘いがあって悩んだのですが、ここに来て一人ではわからなかった多くのことを勉強することができ、今の道に踏み出してよかったと思っています。

インタビュー
People

募集施設一覧